コラム画像

洋楽と邦楽の違いから考える作曲技術

 最近、GrammyのCDを借りて聞きまくっています。とくに2015年がお気に入りです。
 今日は洋楽の特徴について書いてみようと思います。全てが当てはまる訳ではないのでだいたいの印象と思ってください。

最近の洋楽

 洋楽はとにかくミキシングが上手いです。音の距離感や空間の広がりが感じられ聞いていて心地よい曲が多いです。邦楽に比べて音色(パート)が少ないのも要因の1つでスッキリまとめられているのです。
 海外のエンジニアは音を整理する能力に長けているのかもしれません。

 低音が多いのも特徴で50hz以下の音もしっかり活かしています。あちらではクラブ用の楽曲も多いため、クラブ等でしっかり鳴る音を目指してるのでしょうか。日本だとローカットが基本ですが海外ではちゃんと低音も残して、聞かせたい音域をブーストさせるのが上手です。

 リバーブなどの空間系を扱う能力にも長けていて、活かすべき楽器にピタッとリバーブがかかっています。消極的にエフェクトを使うのではなく大胆にドガーっとかけるのが海外のやり方かもしれません。それでもちゃんと楽曲がまとまっているのでサスガだと思います。

最近の邦楽

 日本では2000年頃からやたら音圧が高くなり、耳に痛いミキシングが多くなった気がします。Jpopは低音が軽いわりに高音がキンキンするのでちょっとうるさく感じてしまいます。そして音色(パート)の増加に伴う音の過密が非常に気になります。

 音圧が高い曲のほうがラジオ等でも印象に残りやすく売れると言われており、市場では音圧を高くすることが主流となっています。この流れは音圧競争と呼ばれエンジニアを悩ませる元となっています。販売側はとにかく音圧を上げろと命令するからです。

 波形を海苔型にするためダイナミクスや本来の音の良さを殺しているのが現状です。聞いていて心地よいミキシングがすこし下手な気がします。
 僕の好きなロックバンドのアルバムが1st、2ndは素晴らしい音だったのに、3rdでひどいミキシングになり音の良さが失われたのはガッカリしました。

まとめ

 音圧が高くて派手な音楽が良い音楽とは限らないことを忘れないようにしましょう。良いミキシングはマニュアル化してできるものではないので、それぞれの楽曲をどうやってアレンジしていくか感覚を磨いていく必要があります。

 音色(パート)を増やせば豪華で素晴らしい音楽になるわけではありません。真に必要とされる音を配置し、大胆にその音をアレンジしてミックスしてみましょう。
 dB(数値)等だけで良し悪しを判断せず、自分の耳を信じて大胆なミックスを心がけてみましょう。消極的なミックスでは相手を感動させることはできません。

 これはほとんどの音楽家が言っていることなのですが、自分で感動できない音楽は人を感動させることもできません!

 そのためにも本当に音の良い曲とは何なのか疑問を持ちながらたくさんの楽曲を聞いてみましょう。自分が理想とする楽曲をお手本にして、自分の作品も理想の音に近づけるように日々努力です!